肥満解消に効果てきめん!ダイエットクリニックでの治療のすすめ

肥満ダイエットクリニックおすすめガイド » クリニックでできる肥満治療 » 食事療法

食事療法

やみくもに制限しない正しい食事療法について紹介します。

カロリーコントロールはおおらかに

食事療法の基本は、もちろんカロリーコントロールです。しかし単品ダイエットや欠食ダイエットに代表されるような、ただカロリーを制限すればよいというものではありません。

カロリーとは、熱量のことで人間が活動するのに必要なエネルギーです。体重を減らすには摂取するエネルギーより消費するエネルギーが上回ればいいのです。

食事療法をするとき、細かくカロリー計算をする人がいますが、もともとエネルギーバランス(摂取量-消費量)を正確に計算することは無理。現実には、大雑把な計算とちょっとだけ意識を向ける、ということのほうが大切です。

太り具合と食事療法

ダイエットの成功とは、肥満でない状態を維持すること。食事療法の場合、標準体重よりどれくらい(何%)太っているかによって。行うメニューも違ってきます。

●20%以下の太り具合
生活習慣病がある場合には、食生活や生活習慣の見直しをします。

●20~40%
月に1~2キロを減量できるように、カロリーコントロールをします。男性で1400~1800キロカロリー、女性で1200~1600キロカロリーが目安。糖尿病食などを参考に、必要な栄養をまんべんなく取れるように献立を決めます。

●40~70%以上
医師の管理下でカロリーコントロールが必要です。超低カロリー食療法を行なうこともあります。超低カロリー食療法は、リスクを伴うものなので、下記に別途紹介します。

超低カロリー療法(VLCD)

一般の人が、超低カロリー療法といってイメージするのは「マイクロダイエット」でしょうか。超低カロリー療法とは、医療機関専用の肥満治療用の食品を使う肥満治療です。半飢餓療法ともいわれます。

一日の摂取エネルギーは500キロカロリー以下で、かつ必要な栄養素があまり不足しないように計算されています。しかしながら極端な食事制限を行なうと骨や筋肉が壊れ、貧血・不整脈、月経異常、精神的なトラブルなどが起こるので、医師の管理のもとで行なうことが大切です。安易な自己流は危険です。

 

この記事の関連のページ