肥満解消に効果てきめん!ダイエットクリニックでの治療のすすめ

肥満ダイエットクリニックおすすめガイド » あわせて実践したいダイエット法 » 美容・健康食品で栄養補助

美容・健康食品で栄養補助

栄養補助にサプリメントでなく美容・健康食品のほうがよい訳を紹介します。

栄養補助は食品で

消化吸収阻害剤の『ゼニカル』は、ある種のビタミンの吸収を阻害するのでマルチビタミンの併用を勧められたりします。しかし栄養補助に独断でサプリメントを服用することは、薦めできません。

本来なら通常の食材を用いた3度の食事だけで十分な栄養素が取れればいいのですが、忙しい毎日ではそうとばかりはいっておられません。そこで活躍するのが、美容や健康効果が高いといわれる食品です。

たとえば、食欲抑制剤の『サノレックス』の副作用には、便秘があります。便秘薬を使うのではなく、食物繊維が多く含まれ自然の健康食品だといわれるものを摂るようにするなどです。

これがオススメ美容・健康食品

お薦めの美容・健康食品を紹介します。抗肥満薬を服用している最中には、やはり副作用もあるので自然の美容食品や健康食品といわれているものを利用するのがよいようです。

●便秘に効果抜群のヤーコン
厚生労働省の特定保健用食品であるヤーコンの効能は、便秘解消。「お腹の調子を整える食品」指定のフラクトオリゴ糖と、食物繊維がたくさん含まれている自然の健康食品です。

フラクトオリゴ糖には便秘解消の他にも、コレステロールの減少と血圧、血糖値の降下作用が、食物繊維には腸の働きを活発にし有害物質を排出したり、糖の代謝やコレステロールの濃度を調整する作用があるといわれています。

ヤーコンの収穫は11月ごろ。生芋をきんぴらやかき揚げ、マヨネーズ和えやみそ漬けなどにして食べてもおしいですし、干し芋にして食べてもドライフルーツのようです。ヤーコン茶もお手ごろな価格で手に入るので一年を通じて摂取することができます。

●ビタミンCとミネラルの宝庫、玉露
美容効果で知られるビタミンとミネラルが多く含まれる玉露は、優秀な自然の美容食品です。

妊娠中にたくさん摂取することが望ましいとされる葉酸や、ナトリウムを排出させる作用のあるカリウム、骨や歯の形成及びエネルギー産出を助ける栄養のマンガンなどミネラルをバランスよく含み、かつビタミンC、ビタミンB2を豊富に含みます。

食後の1杯は、緑茶や番茶ではなく玉露がお薦めです。

 

この記事の関連のページ